×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コムサデモード最新情報!

ファイブフォックスは、コムサ・デ・モードで知られるアパレルメーカー。単体では国内最大手。また、コムサデモードは自社の公式サイトを持たないことでも有名であったが、求人募集サイトとして公開された(2007年8月現在)。ファイブフォックスは1980年代のDCブランドブームにおいて「コムサ・デ・モード」や、「コムサデモードメン」などのブランドで一世を風靡したが、ブームが終焉した上、ブランドの軸となるようなスターデザイナーが存在しなかったことからのちにコムサデモードSPA化へ転向。1990年代のモード全盛期に躍進。かつてのアパレル業界は芸術志向の風土が強く、コムサデモードメンの感性や経験則に頼った経営が行われていたが、ファイブフォックスではコムサデモードはじめ企業的手法による商品開発・数値的管理・徹底教育の仕組みを取り入れたのが特徴である。

コムサデモードの通販情報!

こうした取り組みは大手他社へも波及し、コムサデモードは業界の近代化を先導した。商業色の強いSPAの台頭により、流行の主導権がデザイナーではなく消費者に移行し、各々の編集力を楽しめるコムサデモードストリート系や裏原系が開花した。IT化は商品管理などでの必要最小限にとどめ、人間的な知覚や感度を重んじるとの立場から公式サイトも開設されていない。そのデザインは黒を基調とし、コムサデモードは落ち着きのある「モード」を志向。日本的美意識と西洋の融合を提示し、ストイックなモードであるとの信念を持つ。近年では、商圏の郊外化ならびに低価格化に応じたコムサデモードの他にコムサイズムコムサデモード・メンを展開している。基幹ブランド。商業的に開発されたブランドであり、デザイナーを非公開にしていることが多い。単品の個性を主張するのではなく、トータル・コーディネート(調和)を重視。黒髪の日本人に合う服=モード。コムサ・ラインナップの中で最高峰に位置づけられるコムサ・コレクションについては、デザイナー発の創作性を目指し作品発表などの活動を認める。コムサデモードメン。

コムサデモードメンなどの情報

コムサデモードは商圏の郊外化、百貨店の集客力低下、ショッピングセンターの台頭、ユニクロなどに代表される価格破壊、団塊ジュニア世代は結婚を迎え「パパ・ママ」化によるヤングファミリーの出現など、コムサデモードメンなども2000年代の社会的な構造変化を反映した。特筆すべきブランドである。まだバブル経済の余韻を残し、その後の深刻な不況を予測しえなかった1993年の発足は先見の明があった。コムサイズムでは、極めて手頃な価格設定で、生活圏へも出店可能、対象を「家族みんな」として量販店モデルに近づけながらも、イメージを損なわない適度なコムサデモードのブランド価値を維持。大人から幼児服まで扱い、ベビーカーを引いたママも負担なく入店できる店舗レイアウト。さらに張り付き接客の禁止、コムサデモードメンは、あらゆる商品の返品も可能とした。これらは高級感・希少性を謳い、高額販売を維持してきたコムサデモードブランドビジネスの常識を全く覆すものであった。従来空白であったゾーンを一気に開拓し、時代の要件にもマッチしたことで、コムサイズムは大成功の業態に成長した。

Copyright © 2007 コムサデモード情報満載!